JR青梅線「小作駅」徒歩10分
TEL:042-579-0311

ピル

ピル処方について

ピル処方について

当院では、避妊目的や月経移動を希望する方のためのピル処方(低用量ピル)を行っています。なお使用する低用量ピル(OC:Oral Contraceptive)は、卵巣で作られるホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲスチン(黄体ホルモン)の2種類のホルモンが合わさったものです。ちなみに低用量とは、ピルに含まれるホルモンの量が少ないという意味で、安全性も高くなっています。日本では1999年より医薬品と認可され、販売が開始されました。なお服用したことで、将来の妊娠に悪影響を及ぼすことはありません。

避妊効果について

避妊目的のために低用量ピルを使用する場合についてですが、これを服用する(毎日1錠)と血中のホルモン(とくに黄体ホルモン)が増えるという効果が現れるようになります。通常であれば黄体ホルモンは排卵後に増えるものですが、排卵せずともピルによりこの状態にさせることで脳は排卵後のホルモン状態であると認識(錯覚)します。

これにより排卵が起きにくい状態(子宮の入り口の粘液が変化することで精子が入りにくくなり、また万一排卵したとしてもOCを服用していることで子宮内膜が薄くなっているので、受精卵が着床しにくい)となり、妊娠がしにくい環境ができ上がるようになるのです。そのため、ピルを正しく服用すればほぼ100%の避妊効果があると言われているのです。

また、避妊効果以外にも、卵巣がんや子宮体がん、大腸がんのリスクを減少させる作用があることでも知られ、さらに月経前症候群(PMS)、月経困難症、過多月経、子宮内膜症、不規則な月経周期などに対する治療効果も認められています。

月経移動について

旅行、スポーツ、結婚式などのイベントが月経日と重なるので、この日はどうしても月経を避けたいという場合は、低用量ピル(OC)を服用することで生理日を1週間前後移動させることが可能です。このように意図的に月経日を数日ほど移動させることを月経移動と言います。月経日を早めたい、もしくは遅くしたいという方には月経移動によるピル処方を行います。

月経予定日よりも月経を早めたい場合は、月経が始まってから5日目までの間に低用量ピルを服用し、早めたい日まで1日1錠服用し続けます。そして服用を終えてから2~3日後には、いつもより少ない量の月経が来ます。また月経を遅くしたい場合は、月経予定日の約5日前からピルを飲み始め、月経を避けたい日まで1日1錠服用します。ピルを飲んでいる間は月経が来ることはありません。そして、服用を終えてから2~3日で月経が来ます。

副作用について

低用量ピルを服用したことによる副作用についてですが、内服後の体内のホルモン環境の変化によって、頭痛、吐き気、乳房の張り、不正出血などが現れますが、多くは1~2ヵ月ほどで治まります。また、現在のピルは低用量もしくは超低用量なので血栓症になるリスクは下がったと言われてはいますが、喫煙者、肥満(特にBMI30以上)、高年齢(40歳以上)の方は注意が必要です。

当院ではピルを希望する方が服用してはいけない条件に該当しているかどうかをよく考慮したうえで、慎重に処方いたします。ご不安な方はお気軽にご相談ください。

院長
道佛 雅克
副院長
道佛 晶子
住所
〒205-0001
東京都羽村市小作台2-7-16-1F・2F
アクセス
JR青梅線「小作駅」徒歩10分
駐車場
18台完備
電話番号
042-579-0311
診療科目
内科・小児科・婦人科
内科・小児科 診療時間
受付時間 午前8:30~12:00 午後14:30~18:00
休診日:水、日、祝日
  日祝
9:00~12:00
15:00~18:00
婦人科 診療時間
受付時間 午前8:30~12:00 午後14:30~17:00
休診日:水、日、祝日
  日祝
9:00~12:00
15:00~17:00