JR青梅線「小作駅」徒歩10分
TEL:042-579-0311

神経内科

神経内科とは

神経内科とは

神経とは、脳や脊髄と末端(末梢神経)の器官をつなぐもので、末端が受けた神経を中枢(脳、脊髄)に、中枢で起きた興奮を末端に伝える役割がある糸状の器官で、全身に張り巡らされています。

神経内科では、脳、脊髄、神経、筋肉に病気や異常があることで、体が不自由になっている状態を内科的に診療します。診察の結果、手術が必要と判断した場合は脳神経外科へ、しびれや麻痺の原因が運動器(骨や関節など)であった場合は、整形外科にといった振り分けも行います。

また、精神科や神経科との違いですが、これらは精神疾患、いわゆる「こころ」の病気を診療対象にしておりカウンセリングや心理療法を行いますが、神経内科は神経、筋肉などに症状が現れている場合を対象としていますので、しびれ、ふるえ、めまいといったからだの症状を訴える患者様が対象となります。下記のような症状を訴える患者様に対して主に診断を行い、十分な診察と検査を重ね、原因疾患を特定していきます。

神経内科が対象とする主な症状(例)

  • うまく力が入らない(脱力)
  • 手足や体が勝手に動いてしまう(不随意運動)
  • しびれ
  • めまい
  • ふるえ
  • 歩きにくい
  • ふらつく
  • ひきつけ
  • むせる
  • 習慣的な頭痛
  • 著しいもの忘れ
  • ものが二重に見える(複視)
  • 言葉が話しにくい
  • 意識障害 など

神経内科で扱う主な症状及び疾患

めまい

人間は眼、内耳(半規管・耳石)、手足の関節などにより自分の周囲の空間や位置を感知します。その情報は、脳に伝えられ、これらが統合されることで、体のバランス(平衡覚)がコントロールされているわけですが、いずれかの機能に不具合が起きると、めまいや平衡障害が起きるようになるのです。

なおめまいの症状はひとつではありません。大きく3つの種類(回転性、動揺性、立ちくらみ)に分類され、原因もそれぞれ異なります。

回転性めまいは、グルグルと目が回るようなめまいで、この症状は内耳に異常(内耳が障害されることで脳に正常な情報が伝わらない)があることが考えられます。次にフワフワ、フラフラといった地に足がつかないようなめまいは、動揺性めまいに分類され、この場合は脳の異常(脳の血流不足による脳循環障害(椎骨脳底動脈循環不全症)や脳腫瘍、頭部外傷など)が原因で起きると考えられています。さらに立ちくらみのようなめまいを感じるのであれば、血圧の変動などによる循環器系の異常が原因で起きると思われます。

ただし、回転性めまいでも脳梗塞や脳出血が原因の場合、動揺性めまいでも耳の異常が原因で起きることがあります。いずれにしても、めまいの症状が現れたら神経内科もしくは耳鼻咽喉科をご受診ください。ちなみにめまいの症状が現れる主な疾患は次の通りです。

脳梗塞、脳出血、前庭神経炎、良性発作性頭位めまい症、内耳炎・慢性中耳炎、メニエール病、突発性難聴、高血圧・低血圧、貧血、更年期障害 など

頭痛

慢性的な頭痛に悩まれている方は一度神経内科をご受診ください。度々起こる頭痛には、命に係わらないとされる頭痛(一次性頭痛)と命に係わる頭痛(二次性頭痛)に分類されます。多くは、命に別状はない一次性頭痛と診断されることが多いですが、万が一ということも可能性としては考えられます。

なお当院での頭痛の診断のつけ方ですが、まず問診を行います。そして詳細な検査が必要と医師が判断した場合はMRIやCT なども行うなどして、慎重に頭痛のタイプを判断します。なお、一次性頭痛と二次性頭痛の主な症状および疾患は以下の通りです。

一次性頭痛
片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛
二次性頭痛
脳出血、くも膜下出血、脳腫瘍、髄膜炎、高血圧、顎関節症、心身症、薬物乱用頭痛 など

一次性頭痛について

一次性頭痛は、頭痛の症状自体が治療対象で、主に片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛などがあります。いずれも繰り返し起きる頭痛が特徴です。

偏頭痛

頭の片側あるいは両側にズキズキとする痛みが現れます。痛みの頻度は人により異なるので、週1の方もいれば、月に1、2度という方もいます。なお一度頭痛が起きると数時間~3日ほど現れます。このほかの症状としては、頭痛が起きる前に視野の一部が見えにくくなる、目の前にフラッシュのような光が瞬いたりするといった前兆が見られることがあります。

発症の原因としては、血管を収縮する作用があるとされるセロトニンという物質の過剰放出が考えられています。また女性患者の割合が高いのも特徴です。

緊張型頭痛

頭や首の筋肉が緊張、収縮することで起きる頭痛が緊張型頭痛です。この場合、同じ姿勢を長時間続けたことによる肩こりや首のこりなどの血行障害、日頃からのストレス、眼精疲労といった原因が考えられています。

主な症状ですが、頭が締め付けられるような痛み、首から後頭部にかけての痛みを訴える患者様が多く一度痛み出すようになると数時間~数日間ほど続きます。このほか人によっては、めまいや立ちくらみが起きることもあります。

群発頭痛

片側の目のくぼみの部分からこめかみにかけて、目がえぐられるような感覚の痛みに襲われ、人によっては目の充血や涙、鼻水などの症状が現れるのが群発頭痛です。発症する原因として考えられているのが、頭部の血管拡張です。

アルコールやタバコなどが誘発要因とされ、男性患者が多いのも特徴です。この頭痛は一旦起きると1~2ヵ月間続きます。なお痛みが解消してから、半年から数年が経過した後に、また同様の痛みが生じるのも特徴です。

二次性頭痛について

二次性頭痛とは、何かしらの病気の症状として現れているものです。このような頭痛は、脳血管の疾患や脳腫瘍、髄膜炎など脳や頭部が原因である頭痛や頭頚部の外傷のほか、感染症、耳鼻咽喉領域の疾患、精神疾患、高血圧などの生活習慣病によるものなど様々な要因が挙げられます。

なお脳疾患が原因の頭痛であれば、速やかに脳疾患の治療を行います。なかでも強い頭痛だけでなく、手足のしびれや麻痺などもある場合は要注意で、脳出血や脳腫瘍など命に係る病気であることも考えられます。

パーキンソン病

何もしていなくても手が震える、歩行時は前傾姿勢になって、歩幅が狭く、手の振りが無くなるようになり、顔の表情も硬くなったりする病気がパーキンソン病です。これは、脳の黒質という部分に変性が起こることで、そこでつくられる神経伝達物質の一種であるドーパミンの量が低下、そのことで黒質からの情報伝達経路がうまく働かなくなり、先に挙げたような症状が起きると言われています。

つまり脳の神経に異常が起きたことで、体の末端にまで脳の指令が行き届かなくなり動作がぎこちなかったり、不自然になるということです。なお、同疾患は中年以降の方に多くの患者様が見受けられます。

治療では、主に薬物治療によって症状を軽減し、日常生活に支障をきたさないようにすることが目標になります。ただ薬物の効果がみられないなど、一定の条件を満たすような場合は手術が行われることになります。

またパーキンソン病の進行は個人差が大きく、症状が進行して思うような動きができない場合は、リハビリテーション(リハビリ)を行います。具体的には、体力や筋力の維持のための運動、筋肉と関節の柔軟性を維持するための運動、姿勢や歩行の改善といった内容になります。

慢性脳卒中

脳卒中とは、脳の血管が詰まる、破れるなど、脳血管に障害が起きている状態の総称で、そのような状態に陥る疾患として、主に「脳梗塞」「脳出血」「くも膜下出血」があります。

これら脳卒中を発症して間もない時期のことを急性期と呼び、病状が落ち着いた時期を慢性期と言います。なお、慢性期における脳卒中の治療目的は、後遺症や合併症の治療、再発予防となります。

慢性期の脳卒中の治療法には、リハビリテーション、薬物療法、日常生活の指導(食事療法など)、外科的治療などがあります。

てんかん

突然意識を失って反応が無くなるほか、手足をガクガクと一定のリズムで曲げ伸ばしするなどの「てんかん発作」を繰り返し起こす疾患がてんかんです。その原因や症状の出方は人によって異なり、乳幼児から高齢者まで、どの年齢層であっても発病する可能性があります。

なおてんかん発作にはいわゆる型が存在し、脳の病的な電気的活動が、脳のどの場所に生じるかによって異なります。そのため、極めて多様な発作型が知られていますが、1人の患者様には1種類もしくは数種類の発作型しか生じません。それは人によって、発作を起こす場所が決まっているからです。

主な症状には、突然、ひきつけたり、ボーっとしたり、意識がおかしくなったりします。こうした発作は、脳の神経細胞が異常な電気的興奮を起こすことによって生じます。てんかん発作は、繰り返し起こるのが特徴です。そのため、1回だけの発作では、通常はてんかんと診断されることはありません。

治療は、主に薬物療法になりますが、発作をいかに消失させるか、意識消失を伴う発作の回数をいかに減らせるかが治療の目的となります。また、てんかんの患者様で、海馬硬化症や良性の脳腫瘍などの病変がある場合は、外科治療により完治が期待できることもあります。

しびれ

脳は病変があると体の様々な部位にしびれや麻痺といった症状が伴います。なお脳からくるしびれには、脳梗塞や脳出血、脳腫瘍の初期症状として起こることがあります。また、手足のしびれや痛みというのも比較的よくみられる症状です。

しびれ・痛みという症状は、脳や脊髄などの神経に原因があるほか、血液の流れが悪くて起こるもの、心理的なものなど、原因は多岐に渡ります。また、しびれの症状にしても、感覚の鈍麻や痛みである場合、脱力感(運動麻痺)である場合、痙性(筋肉がつっぱる)である場合もあり、タイプは様々です。

当院ではしびれの中でも、脳・脊髄・末梢神経など、神経の異常が原因で起こるタイプの疾患について治療を行います。ちなみに手足にしびれを起こす疾患は数ありますが、要注意なのが「一過性脳虚血発作」です。これは脳梗塞の前触れであり、短時間(数分から長くても数時間)で良くなる手足のしびれであれば、まさにその可能性が疑われます。

なお同疾患のしびれの原因は動脈硬化であり、脳へと流れる動脈の内腔に狭くなった部分がある方では、血圧の変動などが起こった際に、その狭くなっている部分のせいで、一時的に脳への血液の流れが悪くなることがあります。そして、血液の流れが悪くなった血管の先が、手足の感覚を司っている部位であれば、発作的に手足がしびれることになります。

治まることで安心しがちですが、これが一過性脳虚血発作であり、脳梗塞の前ぶれであるのです。血管が詰まりかけている場合に、よく起こります。脳梗塞という大事にいたる前に、神経内科をご受診されることをお勧めします。

院長
道佛 雅克
副院長
道佛 晶子
住所
〒205-0001
東京都羽村市小作台2-7-16-1F・2F
アクセス
JR青梅線「小作駅」徒歩10分
駐車場
18台完備
電話番号
042-579-0311
診療科目
内科・小児科・婦人科
内科・小児科 診療時間
受付時間 午前8:30~12:00 午後14:30~18:00
休診日:水、日、祝日
  日祝
9:00~12:00
15:00~18:00
婦人科 診療時間
受付時間 午前8:30~12:00 午後14:30~17:00
休診日:水、日、祝日
  日祝
9:00~12:00
15:00~17:00